So-net無料ブログ作成

キーボードカバー [雑記]

スポンサーリンク




先日自宅のノートパソコンをリニューアルしました。
これまでのパソコンではキーボードにカバーをしたことがありませんでしたが
たまにキーボードを掃除すると猫の毛や食べこぼしらしき屑、
ほこりなどがたまっていておぞましいことになっていました。
挙句の果てにはボタンを無理やり外してもとに戻せなくなるなど
ろくなことがありませんでした。

girl-1064659_960_720.jpg
新調したノートパソコンは
全体的に光沢のあるツルツルしたプラスチックの材質のため

使用していると手垢やあぶら、ほこりで見苦しくなることがいやで
自分には珍しくキーボードカバーを探していました。


あいにく大手2社(エレコム、サンワサプライ)の
ホームページによる機種検索では該当機種はないということがわかりました。[たらーっ(汗)]
しょうがないのでフリータイプのカバーを購入し取り付けた結果を報告します。

商品名は エレコム キーボードカバー フリータイプ 大型ノートサイズ PKU-FREE4 「ピタッとシート SUPER」
うたい文句は
「シートの上から快適タッチ」
「どんなキー配列にも対応」
「伸縮性に優れた新素材のシート」
などいいことずくめでありますがどうでしょうか?


パッケージです
2016-10-03_04-44-59_591.jpeg
2016-10-03_04-44-26_812.jpeg
2016-10-03_04-43-58_966.jpeg
中身
シートは厚めのボール紙に巻きついています
(このボール紙が切り取るときの台紙に使えます)
2016-10-03_03-55-28_542.jpeg

取り付けの流れは次のとおりです。

①まずはキーボードの掃除
指紋やほこりがたまっています
2016-10-03_04-14-11_873.jpeg
きれいにふき取ります
2016-10-03_04-15-21_949.jpeg

②サイズ合わせ
キーボードの大きさにあわせ折り目をつけます
2016-10-03_04-08-28_495.jpeg

③カット工程
折り目に合わせカットしていきます。
台紙の切り取りも必要なため結構力が要ります。
2016-10-03_04-09-26_062.jpeg
台紙からシートを剝がします
2016-10-03_04-22-23_321.jpeg

④貼り付け
キーボードの端に合わせ貼っていきます
リカバリがきくので携帯電話のディスプレイの保護シールのような極度の集中力はいりません
2016-10-03_04-24-33_261.jpeg
入った空気は逃がすこともできますがボタン周りは空気だらけなので全然気になりません
2016-10-03_04-30-57_464.jpeg
右サイドが少し余りましたが後で剥がしてカットできます
2016-10-03_04-29-52_851.jpeg

⑤完成
2016-10-03_04-29-37_176.jpeg


【評価】
「十分に満足できる使用感」でありました。
要因としては
・それほど厳密に採寸する必要はない
・携帯電話ほど細やかな神経は必要ない
・何回も貼り直しが聞く

不自由な点
・マウスパッドの操作感が極めて悪くなる
(ただし自分はマウス操作が主なので影響はありません)

使い勝手は犠牲にしなければならないと半ば諦めていましたが捨てたものではありませんでした。

適合サイズが見つからない方は参考にしていただければと思います。




キーボードカバー ピタッとシートSUPER 大型ノートPC用(15.4W~16.4W)┃PKU-FREE4



スポンサーリンク



nice!(25)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 25

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。